あなたを幸せにするジブンノモノサシ
 

菩薩tourism 三十三間堂プロジェクト@odawara

[講師]
TETTA

[講義内容]
菩薩に変身して、ハロウィン!

10月27日(日)におだわら竹の花通り商店街で開催されるハロウィンを舞台に三十三間堂プロジェクトが開催されます!

◉菩薩に変身して、ハロウィン!

三十三間堂プロジェクトとは美術作家TETTAによるアートプロジェクト。
2010年5月からスタートし、1000人の仏顔を集めるのを目的としています。イベント内ワークショップでは参加者は極彩色のメイクを施し、仏となって顔写真を撮影します。
収集された顔写真は、全て左顔をシンメトリーに合成加工し、人間の顔から少し逸脱したものへと再構成されます。
仏像と人間の決定的な違いはその対称性にあると言われ、特に左顔は創造性・女性性等を司り、本性の出る顔といわれます。虚像と実像を合成することで生まれる、本性のみが露出した顔となります。ヨーロッパなどでは左顔の事を「神の顔」「エンジェルフェイス」などと言ったりするそうです。
三十三間堂とは京都にあるお寺・蓮華王院の本堂のことで、堂内には1001体の菩薩像が並び、その仏量は圧巻。
「この中に会いたい人の顔がある、自分に似た顔がある」という言い伝えがあるのが有名です。
つまり、1000人の現代人の仏顔が並ぶことで表現されるものはその「言い伝え」であり、歴史の一部に成る事と同等であると考えます。
そしてついに、2012年9月参加者はついに1000人を達成しました!!

しかし、三十三間堂の創建当時の1000という数字は「無限」という概念である事に気づいたTETTAは、1000人収集達成後もプロジェクトは進行中。次の目標は10000人となっています。

ワークショップ中での「街への散歩」は、菩薩へと変身、つまりメイクをして一度人間性を失い、菩薩としてゼロとなった状態で、人間の街へと赴きます。

今回は小田原の商店街で開催されるハロウィンの仮装イベントにも参加します。仮装パレードに参加し、その後小田原の街を自由に散策していただきます。
(ハロウィンの仮装パレードは、今年で9回目。毎年1000人もの参加者がいる一大イベントなのです。)

菩薩で歩く、菩薩が歩く、、そこで得られることとはどういったものなのか?その効果を体験できます。
さあ、みんなで仏になろう!

ふるってのご参加お待ちしております!

イベント詳細■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日時:2013.10.26 日曜日
9:30〜スタート (~14:30終了予定)
◉料金
参加費
・菩薩になって街歩きコース(仏像講座+メイク+散歩)    3,000円(1ドリンク付)  【定員:10名】
・陰ながらこっそりコース!(見学:仏像講座+散歩)
1000円+ワンドリンク(500円) 【定員:10名】

◉持ち物:仏っぽいストール等(なければお貸し出しいたします)
女性の方:普段お使いのファンデーション、メイク落とし
◉会場 旧三福と小田原の街
最寄り駅 東海道線 小田原駅

◉イベントタイムテーブル
09:30 仏像講座(様々な仏像をスライドで紹介。コレから何に変身するのか理解する)(30分)
10:00 菩薩メイクスタート!(60分)
11:00 仏顔写真撮影(30分)
12:00 – 13:00 ハロウィンの仮装パレード参加
13:00 – 14:30 近隣散策
14:30 – 仮装コンテスト優勝(の予定)

※出来上がったお写真は、イベント終了後一週間程で参加者全員にお送りします。
※菩薩メイク後の町歩きは任意です。顔写真撮影後、ご希望の方は退場できます。

予約受付/お問い合わせ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以下のどちらか一方で受け付けて下さい。
お問い合わせフォームより
facebookのイベントページより
※参加or見学のどちらかお伝えください

>>お申し込み