あなたを幸せにするジブンノモノサシ
 

山中 有「白姓 と テマヒマ」

[講師]
山中 有

[講義内容]

映像作家 山中有さんをお招きして、日本の暮らし、ものづくりにまつわる2つの作品を鑑賞します。

上映後に解説や質疑応答の時間もあります。

*白姓
21_21 DESIGN SIGHTで開催された「コメ展」という展覧会に出品した映像作品です。
日本人にとっての稲作文化を紹介したドキュメンタリーで、米にまつわる4つのエピソードで構成されています。
「白姓」とは「百姓」からひとつ足りない、という意味の造語で映像に登場する小林康生さんの造語です。
小林さんは「百姓とは私にとってはスーパーマン。百の仕事のできるあこがれの存在。私はせめて白姓になれたらと思う」
と仰りました。
単なる農業従事者ではなく、さまざまな職能をこなす農家の姿をおいます。

*テマヒマ展のための映像
東北のものづくりには、現代社会が忘れてしまいがちな「時間」の概念が生き続けています。未来を考えるデザインの視点からも注目したい、「手間」のプロセス、「ひま」(時間)のプロセス。テマヒマかけた東北の“食と住”から、日本の文化と精神、ものづくりの可能性を、多くの方々と考えていきます。

——————————————————–

山中 有 Yu Yamanaka

映像作家

1976年山梨県生まれ。2010年株式会社ブルードキュメンタリーを設立。

主にドキュメンタリー映像のディレクターとして活動中。

主な仕事に NHK大河ドラマ「八重の桜」タイトルバック(クリエイターズパート)、NHK Eテレ「デザインあ」(つくる)、ソニーアクアリウム4K映像「手織りの鳴る島」、コメ展出品作品「白姓」、テマヒマ展出品作品「テマヒマ展のための映像」、SIGMA「SIGMA Aizu, Japan」ほか。

www.bluedocumentary.com

>>お申し込み