特別教室102 富永富士雄の「ブラモキチ的茅ヶ崎の考古学」

講師 富永富士雄(考古学研究者)

会場 熊澤酒造

日程 6/13 15:30-17:00

受講料 1500円

      

第102回暮らしの教室 特別教室は、茅ヶ崎考古学の第一人者・富永富士雄さんをお招きしています。

茅ヶ崎と考古学?と疑問をお持ちの方も多いはず。けれど茅ヶ崎は実は考古学界では知る人ぞ知る貴重な発見が相次いでいる地域。そんなお話を地理や土地そのものの持つポテンシャルなどを交えて「ブラモキチ的」に開設してくださるのが考古学研究者の富永さんです。

私たちの足の下に古代の遺跡が埋まっていると言っても、目に見えていなければそれを実感することもないでしょう。けれど古代文化は、私たちの生活を何万年も遡ったところから確実に繋がっているのです。地殻や気候の変化がその土地の文化を形成してきたことも考古学によって明らかになります。そこに確かに、人間としての知恵を使って対応してきた祖先たちとの繋がりを感じ取れるでしょう。

茅ヶ崎という土地には、考古学的に観ても稲作が盛んに営まれてきた歴史があります。熊澤酒造も米があったからこそお酒を作っていた。過去も未来も現在から想像出来ること。それが豊かに今を生きることのような気がします。茅ヶ崎で一体どんな生活が営まれてきたのか、貴重なお話しが聞けるこの機会をお見逃しなく。

 

 

第102回 暮らしの教室特別教室

2021年6月13日(日)開催!

富永富士雄の「ブラモキチ的茅ヶ崎の考古学」

——————————————-

開催日:2021年6月13日(日)

受 付:15:00~ / トークショー 15:30~17:00

会 場:mokichi cafe 地下1階 熊澤酒造敷地内

講 師:考古学研究者/富永富士雄

参加費:1500円

定 員:30名 ※定員に達し次第締切らせていただきます。


 

PROFILE

富永富士雄(考古学研究者)元茅ヶ崎市教育委員会(文化財保護担当)

茅ヶ崎市職員として28歳で茅ヶ崎の土を踏み、35年以上にわたり遺跡の発掘に取り組んできた先達。ロマンと情熱あふれる語り口は、聞き手の脳裏に太古の景色を喚起させてくれます。

令和2年現在、寄付されて平成29年より公開が始まった市内・柳島の民俗資料館「旧藤間家住宅」の管理及び学芸的業務に嘱託として勤務し、見学者の皆さんに説明をしている。

 

ご予約・お問い合わせ:okeba gallery&shopまで

※氏名、参加人数、ご連絡先(電話番号)を明記の上お申し込み下さい。

営業時間外のお申込みはメールにてお願いいたします。

0467-50-0252  (okebaスタッフまで)

okeba@kumazawa.jp

 

>>お申し込み お申込:okeba@kumazawa.jp
トップへ戻る